豊胸シリコンバッグを抜去する3つのキッカケ

こんにちは❤ THE CLINIC 横浜院 看護師馬場です

 

挿入後15年程度での入れ替えが推奨されているシリコンバッグですが、バッグの寿命がくる前に抜去する女性も多いです。女性たちはどのようなきっかけでバッグを抜去するのでしょうか?

結婚•妊娠で豊胸バッグ抜去

豊胸バッグ

授乳への影響を考えて、子づくりを考えた段階で抜去される方が多いです。実際は、どんな豊胸法も医学会で認められている方法ならば授乳には何の影響もないのですが、背徳感を抱いてしまう女性が少なくありません。

病気や健康診断で豊胸バッグ抜去

豊胸バッグ抜去
出典:アピタル

体調を崩し、病院への通院を考えた時に抜去される方は多いです。また、シリコンバッグが入ったままレントゲン検査を受けることに抵抗を感じる方は多く、会社の健康診断をきっかけに抜去する方もいます。

後ろめたさで豊胸バッグ抜去

豊胸バッグ抜去

シリコンバッグ豊胸をした多くの方がパートナーに対して、胸に人工物を入れていることを心苦しく思うようです。その後ろめたさをずっと抱え、いつかバレるのではとビクビクして過ごすくらいならと、抜去を決意します。

ご紹介したきっかけ以外にも、女性たちは様々な心境、状況の変化をきっかけにシリコンバッグを抜去しています。豊胸を考えている方は、人工物を体に入れる方法が適切かどうか、じっくり考えてみてはいかがでしょうか?

  • シリコンバッグの寿命がくる前に、抜去する女性は多い
  • 結婚、妊娠、病気など生活環境の変化が抜去のきっかけ
  • パートナーへの後ろめたさに、悩む女性も多い