馬場
2016-07-18

脂肪豊胸、入れすぎのリスク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ナース:馬場

ナース:馬場

ナース:馬場

手術室看護師の経験を活かし、安心して施術が受けられるよう心がけています。ゲストの皆さんが笑顔になれるよう、美容に関するお悩み一緒に解決できたらと思います。

職種
ナース
趣味
サルサダンス
脂肪豊胸、入れすぎのリスク

こんにちは❤ THE CLINIC 横浜院 看護師馬場です

 

脂肪注入(豊胸も、顔の若返り手術も)という手術は、近年日本でも多く行われていますが、残念ながら、(医師でも)正しく理解されていない部分があります

脂肪吸引した脂肪を用いての脂肪注入する場合、血管を付けて移植(脂肪の移動)をするわけではありませんので、脂肪は注入した組織の血流によって生き残り、定着します。

よって、医学的に(科学的に)無理な量をたくさん注入すると、多く定着するわけでなく、逆に定着が悪くなり、しこり、脂肪壊死(つまり、大きくならない)の原因となります。

 

簡単に説明すると、脂肪を入れすぎると、組の内圧が高くなり、脂肪に栄養が行きわたらなくなって、生き残らない

という事です。

 

本来、あまりしたくない手術ではありますが、他院脂肪注入後のしこり除去の相談がとても増えています

せっかく高いお金を出して、痛い思いをしたのに、しこりになってしかももとに戻ってしまった。。。なんて悲しすぎます

しこりを作らずに、自然で、かつ定着する技術で脂肪豊胸が広まることを願っています。

SNSでもご購読できます。

ナース:馬場

手術室看護師の経験を活かし、安心して施術が受けられるよう心がけています。ゲストの皆さんが笑顔になれるよう、美容に関するお悩み一緒に解決できたらと思います。

職種
ナース
趣味
サルサダンス